消費者金融の利用者の現状

消費者金融の利用者は男性と女性の割合は7対3程度であると言われています。
しかしながら、消費者金融では生き残りのために様々な層を獲得するために動き出しています。
 
例えば、女性専門の消費者金融や、収入がない主婦の人でも配偶者に一定の収入があれば借り入れすることができるプランを用意しているところもあります。
また、正社員のような一定の収入がある人だけではなく、アルバイトや派遣社員、学生を対象としたローンを展開しているところもあります。
 
ただ、2010年に総量規制という法律が施行されてからは、借り入れする人は収入の3分の1以上借り入れすることができないと決められています。
ですから、高額な融資を持ちかけたり、法外な利息で貸金をしている業者もありますので、注意が必要です。

このブログ記事について

このページは、pjが2014年7月28日 09:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「無利息期間を利用してお金を借りる」です。

次のブログ記事は「口座引き落としによる返済」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。